湯シャンを『節約』のためだけに始めるのはちょっとSTOP

湯シャンはシャンプー・リンス・トリートメントをやめてお湯で髪を洗う方法のため、『節約になる』と思われがちだが、実際は節約のためだけに湯シャンを始めると思っている以上に大変かもしれない。

シャンプー・トリートメントの1ヶ月あたりの出費は?

確かに、シャンプー・リンス・トリートメント代は浮くが、1ヶ月にしてどの程度の出費減少だろうか。石けん以外のシャンプーで信頼しているコタアイケアを例にとって考えてみようと思う。

【サロン専売シャンプー・トリートメントの場合】

コタアイケアシャンプー・トリートメント
コタ アイケア シャンプーY & トリートメントY

コタアイケアシャンプー (800mL) 5,400円(税込)
コタアイケアトリートメント(520g) 5,400円(税込)

シャンプー1ヶ月あたりの出費

シャンプーの1回の使用量(セミロングと仮定)は、約5mlのポンプ2プッシュ程度が目安。シャンプー1度洗いで160日間(約5ヶ月)、2度洗いで80日間(約3ヶ月)の計算だ。つまり、シャンプー1度洗いでは月1,100円程度・2度洗いでは月1,800円程度の出費となる。

トリートメント1ヶ月あたりの出費

シャンプーの1回の使用量(セミロングと仮定)は、ピンポン玉2個分で約15g程度 が目安。約35日の計算になる。毎日トリートメントをする場合は、月4,600円程度の出費となる。

シャンプー・トリートメント1ヶ月あたりの出費

シャンプー1度洗い+トリートメント毎日 月5,700円程度
シャンプー2度洗い+トリートメント毎日 月6,400円程度

サロン専売品シャンプー・トリートメントの出費の目安は、少なく見積もって月5,000円程度の出費となった。ショートヘアの場合やトリートメントを毎日行わない場合は上記よりも出費は少ないし、ロングヘアの場合には出費が更に大きくなる場合もあるだろう。

【ドラックストア/シャンプー・トリートメントの場合】

ドラックストアなどのシャンプー・トリートメントの場合は、サロン専売品シャンプー・トリートメントに対して価格が約5分の1(ボトルで1,000円程度)だとすると月1,000円程度の出費だ。

湯シャンには丁寧さゆえの時間がかかる

サロン専売品シャンプー・トリートメントを使用している場合に、湯シャンへ移行すれば確かに月5,000円程度の出費減少が見込まれて随分な節約となるかもしれない。

髪を洗う

シャンプーを使わない反面湯シャンに求められるのは、じっくり頭皮と髪を洗う丁寧さだ。お湯だけでまんべんなく髪・頭皮の皮脂を落とすには、細かく髪を分けながら洗う必要がある。シャンプーは泡立つと頭皮に行き渡るのがわかるが、お湯はそうはいかない。単にお湯で髪を流しただけでは皮脂は落ちないので、櫛を使って髪をとかしながら、指先で優しく頭皮をなでるように皮脂を落としてあげなければいけない。

実際に髪を洗う時間は、シャンプーを使用してる場合よりも長い。先日、頭皮や髪(主に頭皮)を充分に洗ったと思える湯シャンの時間を計ってみたら、15分近くかかっていた。スポーツジムでは、同じタイミングでシャワーボックスに入った人達より圧倒的に出るのは遅い。シャンプーを使うと髪洗うの早いんだな〜と毎回思うものだ。

湯シャンを挫折しないためには節約以外の目的を

節約の視点では、水道代・ガス代はシャンプーをして髪を洗うよりもかかると考えたほうがいい。

シャンプーをやめることは、節約だけでは片付けられない効果があり、そもそも使わなくていいものは極力使わない方が自然だ。湯シャンは試してみる価値のある洗髪方法。でも、最初は湯シャンによる頭皮や頭髪の『ニオイ・ベタつき・フケ』を多かれ少なかれ経験すると思う。それを乗り越えて、湯シャンで快適な頭皮・頭髪を手に入れるのは少々の努力が必要だ。だからこそ、節約だけの目的で湯シャンはおすすめできないし、節約の他に脱シャンプーをする目的があるならぜひ湯シャンに挑戦してみてほしいと思う。

この記事を読んだ人に読まれています
湯シャンの不快な症状を緩和する必需品4アイテム
メイソンピアソン『人気ヘアブラシに合う髪質を徹底比較』
湯シャンを『節約』のためだけに始めるのはちょっとSTOP
宇津木式ノーシャンプー(湯シャン)のやり方
〔何回髪梳かしてる?〕湯シャン11ヶ月目の変化


ホワイトカラーが数量限定入荷
【英国獣毛ヘアブラシ】メイソンピアソン2017クリスマス開催中