湯シャン実施1ヶ月目の変化まとめ


湯シャン1ヶ月目総括 2014年4月4日〜2014年5月2日 

湯シャンを始めて1ヶ月が経過した。1ヶ月間の湯シャンの頻度や、頭皮・髪の変化をまとめる。

 

毎日湯シャンをしていた日々から、シャンプーの頻度を段階的に減らしてきた1ヶ月。

宇津木式スキンケアで基礎化粧品は一気に断てたが、シャンプーは一度にやめることが出来なかった。『ニオイ・ベタつき・フケ』への心配・不安。
自分自身が恥ずかしい、人に見せたくない等の感情を抱く顔の肌荒れとは異なり、人に不快感さえ与えかねない症状『ニオイ・ベタつき・フケ』を過剰に引き起こすかもしれない。その不安感は髪・頭皮への改善の気持ちよりも勝っている。

このように振り返ると結果的に、段階的にシャンプーを減らしてく方法が合っていた。ある日を境に『全くシャンプーを使いません』としたらその反動で使用してしまいそうだ。

最終的にシャンプー断ちが出来れば良いのだ。焦らないことにしよう

湯シャンへの移行方法

1週目

トリートメント断ちから始まった。これは案外に簡単。清潔感が奪われる可能性は少なく、難なくクリアした。
シャンプーは2日に1回にした。2日に1回の湯シャンであれば、フケ・ニオイ・痒みなどの症状に悩まされる事はなかった。

2週目

3日に1回のシャンプーに減らす段階だった。実行しきれず。理由は、美容院に行く為にフケ・ニオイが怖くなったからだ。
しかし、美容院に行きシャンプーをしてもらい、かゆみがでた。やっぱり、特に合わないシャンプーは刺激が強い、と実感した。

3週目

3日に1回のシャンプーで実行した。他2日間を湯シャンにした。この頃から少しフケが出始めた。ブラッシングで乗越えた。良い傾向としては、髪の根元の立ち上がりが良いことだ。

4週目

4日に1回のシャンプーへ移行した。案外湯シャンでイケる。というのが実感。ただ、シャンプーのすっきり感が恋しい!反面、この頃からシャンプーをした翌日の方が湯シャンの翌日よりもかゆみがある気がする。シャンプー後の方が髪がはね、パサつきを実感する。

湯シャン1ヶ月経過時点での髪の写真

IMG_1667

髪は染めていないが少し茶色い。クセがあり、毛先がはねている状態。

 

 

 

 

 

 

月次記録1ヶ月目 分け目
分け目はまだまだ変化なし。くっきりと分かれて、毛量は少なく、薄い。

分け目くっきりがなくなれば、どんなに嬉しいか!

 

 

頭皮の症状  フケ・かゆみ・ベタつき

宇津木式湯シャン開始してから4週目、『シャンプーを4日に1回』のペースにして中3日を湯シャンとした頃から、フケが気になった。
お風呂上がりの濡れた髪にに白いフケが見えて憂鬱になる。
髪についているフケは、ブラッシングをしドライヤーで乾かすとある程度落ちる。辛いのは、頭皮が見える部分で皮が剥けているのが見える事だ。

1ヶ月経過して最も気になる症状は、ニオイ・ベタつきよりもフケだ。
ニオイやベタつきに関しては、ある程度ブラッシングで解消できる。特に『メイソンピアソン』の獣毛ブラシを使い始めたら俄然気にならなくなった。

余分な皮脂やフケを獣毛でからめとってくれるとは本当だった。
今は清潔感や気持ちよさを保つために獣毛ブラシを積極的に使い、頭皮の不快な症状をしのいでいる。

湯シャン2か月目に突入。頭皮・毛髪にはどんな変化が待っているのか楽しみだ。

 

石けんで落とせるミネラルコスメだけを画像付きでレビューするサイト
石けんで落ちる化粧品・ミネラルコスメの専門サイト
URL: http://mineralcosme.lifeisnatural.net

宇津木式スキンケアのブログ:基礎化粧品をやめて1年目の詳しい肌記録
乾燥肌・敏感肌の宇津木式スキンケアの経過記録 ~シンプル美肌革命~
URL: http://udukishikiskincare.blog.fc2.com

基礎化粧品を使わない究極のシンプルスキンケアのサイト:基礎化粧品をやめて2年目以降の肌記録
石けん洗顔が、美肌をつくる
URL:http://simpleskincare.lifeisnatural.net