〔湯シャンを始めるなら今〕湯シャン実施6・7ヶ月目の変化


湯シャン6・7ヶ月目総括 2014年8月23日〜2014年10月17日 

湯シャンを始めて7ヶ月が経過した。

前回の5ヶ月目は真夏で湯シャンが結構辛かった。週1回はシャンプーしていたのに。
6ヶ月目(8/23〜9/19)も同様暑い日が多かったので、まだまだ湯シャンのよるベタつきが気になる日が多かった。

湯シャン7ヶ月目は、ようやく湯シャン絶好の季節・秋。湯シャンを始めたのは春だったけど、秋に始めるのが最も良いと思う。湯シャンと気候は切っても切れない関係だ。汗をかかない日が多い方が、断然湯シャンを継続しやすい。

シャンプーの頻度

相変わらず、週1回はシャンプーをしている。そして、シャンプーの日が楽しみになりつつある。シャンプーをするとすごくリラックスをして、頭がすっきりするからだ。これは湯シャンにはない魅力。完全な脱シャンプーには程遠いのかな、とさえ思う。

宇津木氏が提唱するスキンケア方法、『基礎化粧品を一切使わない』は化粧品や乳液など基礎化粧品を全て断ってから丸1年経過した。スキンケアはやめても自分だけの問題で解決できるが、シャンプーをやめるとなると対相手のニオイが気になってしまう。

自分自身でさえ、1週間湯シャンをしていると自分の髪や頭皮からニオイがしてくる気がする。このニオイばかりは、人に直接聞く他に確かめようがない。頭髪のニオイが気になっているうちは、湯シャン完全移行とはならないだろう。

シャンプーの日はトリートメントをどうするか?

たとえシャンプーをした日でも、トリートメントはしない。石けんシャンプーを行った時はクエン酸水で髪をゆすげば、石けん独特のきしみが緩和されるので行うこともあるが、その他のトリートメント剤は使用していない。

トリートメントをしてしまうと、髪がベタつきやすくなるのが理由だ。トリートメントをしたのと・してないのとでは、その後の数日のベタつき度合いが違う。1週間気持ちよく湯シャンで過ごす為には、トリートメントはしない方が良い。

湯シャン7ヶ月経過時点での髪の写真

シャンプーをするとやはり髪はボリュームダウンする様子。中央の写真は、最も分け目が目立つ部分だ。

湯シャン7ヶ月目
湯シャン7ヶ月目
湯シャン7ヶ月目 最もボリュームが落ちる分け目
湯シャン7ヶ月目 最もボリュームが落ちる分け目
湯シャン7ヶ月目 後頭部
湯シャン7ヶ月目 後頭部

シャンプーにも湯シャンにもそれぞれメリット・デメリットがあるなとしみじみ思う。シャンプーは最高に気持ちがよいのだが、肌に良いものではないし髪のボリュームは明らかに落ちている。湯シャンをした日や翌日は髪型が決まっていたのに、シャンプーをした翌日にはボリュームダウンした髪を目の前に拍子抜けすることがある。

さあ、これから湯シャン、どうしていこう。

石けんで落とせるミネラルコスメだけを画像付きでレビューするサイト
石けんで落ちる化粧品・ミネラルコスメの専門サイト
URL: http://mineralcosme.lifeisnatural.net

宇津木式スキンケアのブログ:基礎化粧品をやめて1年目の詳しい肌記録
乾燥肌・敏感肌の宇津木式スキンケアの経過記録 ~シンプル美肌革命~
URL: http://udukishikiskincare.blog.fc2.com

基礎化粧品を使わない究極のシンプルスキンケアのサイト:基礎化粧品をやめて2年目以降の肌記録
石けん洗顔が、美肌をつくる
URL:http://simpleskincare.lifeisnatural.net