[クエン酸リンスの働きとは]石けんシャンプー後は、クエン酸リンスで 指通りなめらかな髪へ !


 石けんシャンプーをする時にほぼ必ずと言って良いほど、推奨されるクエン酸リンス。

クエン酸リンスを使うと、なぜ髪の指通りが良くなるか?など、その働きについてまとめた記事です。

 

シャンプーをやめて、すぐに湯シャンへ移行できる方もいれば、私のように、ゆっくりと脱シャンプーを行う人も。そんな湯シャン移行期に推奨されているシャンプーの種類が『石けんシャンプー』。

もっともシンプルなシャンプーは、石けん

みよし無添加せっけんシャンプー

自分は、当初はそれまで長年使っていた根強い人気のコタアイケア(こちら)のシャンプーをある程度信用していたので、コタシャンプーがなくなるまで使い、その後、石けんシャンプーに移行しました。

そして、石けんシャンプーの後に、必ずといっていいほど併せて『クエン酸リンス』が推奨されています!

 

クエン酸リンスは、石けんシャンプーとではお決まりの併用セットになっていますが、お決まりになるほど、石けんシャンプーを使った後にクエン酸リンスをするとしないとでは、髪の指通りが全然違うのです。

もはやセットに近い、クエン酸リンスと石けんシャンプー

湯シャンとクエン酸リンス

石けんシャンプーの後、何もしないと、特にロングヘアは髪が絡まって大変です。石けんシャンプー後のきしみは、髪を乾かせば大丈夫!といわれることも多いけど、乾くまでギシギシで本当に大変。

男性の短髪ほどに髪が短くないと、石けんシャンプーだけでは、どうしても髪がきしんだ感じを受けてしまう。ロングヘアでなくともボブスタイルでも自分は、クエン酸リンスが欲しいかな。

その位、クエン酸リンスは必須アイテムとなっています。

クエン酸リンス確かに効果的なのだけど、そもそもクエン酸リンスがなぜ石けんシャンプー後に使われるのでしょうか。

 石けんシャンプー後の『クエン酸リンス』の働きとは

クエン酸リンスの役割は、石けんシャンプーだけだとぎしぎししてしまう髪を、中和させてさらっと仕上げること。

無水クエン酸

少し専門的な話になりますが、phについてみてみたいと思います。

石けんとクエン酸のpH(ペーハー)は、反対に位置しています。石けんはアルカリ性・クエン酸は酸性です。

pH(ペーハー)について
酸性・中性・アルカリ性pHの値
pH 液性
3.0未満 酸性 【クエン酸】
3.0以上6.0未満 弱酸性 【頭皮】
6.0以上8.0以下 中性
8.0を超えて11.0以下 弱アルカリ性 【石けん】
11.0を超えるもの アルカリ性

※pHとは水溶液の性質(酸性・アルカリ性の程度)をあらわす単位


▼石けんシャンプー後の髪を、クエン酸リンスで中和する

正常な頭皮は、pH4~5と弱酸性です。石けんシャンプーを行うと、石けんの持つ性質であるアルカリ性に頭皮・頭髪が傾きます。

そこで、酸性であるクエン酸リンスで髪を洗う。クエン酸リンス(酸性)で石けん(アルカリ性)を中和することにより、正常な頭皮の弱酸性に戻すことができるのです。

石けん・クエン酸・頭皮のpH値

クエン酸リンスと湯シャン
from 石けん百貨

石けん・クエン酸・頭皮のPH値とは
  • 石けんは、pH9〜12の弱アルカリ性
  • それに対して、クエン酸はpH2の酸性
  • 正常な頭皮はpH4〜5の弱酸性

 

再確認すると、石けんと正反対のpHを持つのが、クエン酸。そして、石けんとクエン酸の中間地点のpHを持つのが頭皮というわけです。そのため、クエン酸リンスで石けんシャンプーを中和し頭皮のpHに近づけるという方法が成り立っているのです。

 

では、もし、クエン酸リンスをしなかったら、石けんシャンプー後の髪はどういう状態になってしまうのでしょうか。

クエン酸リンスを使わなかった場合の髪

石けんは弱アルカリ性なので、石けんで洗った髪は、本来の弱酸性からアルカリ性へ傾きます。

そして、アルカリ性に傾いていると髪はきしむ、という特徴があります。

石けんは、アルカリ性なので髪がごわつく
湯シャン
髪にはアルカリ性に傾くとごわごわきしんだ感触になり、酸性に傾くとさらっと指通りがよくなるという性質があります。

 

市販のシャンプーはアルカリ性であっても、指通りが良いようにトリートメント効果が加わっているので、シャンプーだけでもある程度指通りが良くなるようになっています。もしくは、最近は『頭皮と同じ弱酸性!』というシャンプーもあります。

しかし、石けんシャンプーは、トリートメント要素が何も加わっていませんので、髪はアルカリ性に傾いたまま。ある意味ごわついて当然の状態に成っています。

 

一説によると、アルカリ性に傾いた髪のキューティクルは、開いたままになってしまっているそうです。

アルカリ性に傾いたままだと、髪のキューティクルが開きっぱなしの可能性あり

髪の表面を覆うキューティクルには、アルカリ性に傾くと開き、弱酸性を保っているとしっかりと閉じる性質があります。

pHによる髪のキューティクルへの影響

湯シャンキューティクル

(左) アルカリ性に傾いた時に、
キューティクルが受けているダメージ図

(右) 弱酸性の正常なキューティクル

 

アルカリ性に傾き、開いたキューティクルをみれば、髪がぎじぎじ・ごわごわしてしまうのもわかります。

このように、石けんシャンプーの後、クエン酸リンスをしない状態の髪はアルカリ性に傾いたままで、キューティクルが開きっぱなし。髪を乾かすのも一苦労、ヘアブラシを通すのも一苦労なきしみ髪になってしまうわけです。

そのため、石けんシャンプーの後、元の髪に戻してあげるためには、クエン酸リンスが必要とされています。
どんなクエン酸を使えばいいか?クエン酸リンスの作り方は?詳しい記事はこちら
クエン酸リンスの作り方
【実際に使っているクエン酸リンス】
  • 市販品のクエン酸リンスなら、薄めるだけで簡単。用意しておくと便利。こちら
  • クエン酸を薄めるだけで、クエン酸リンスは完成。主に使っている粉末クエン酸はこちら

湯シャンに関する基本の記事
  • [ How to! ]湯シャンのやり方はこちら
  • [快適に過ごす為に]湯シャンの不快な症状は4アイテムで乗り越える!記事はこちら
  • [本人も実践]宇津木式湯シャンを提唱する美容外科医の宇津木氏の、脱シャンプーのきっかけとは。詳しい記事はこちら
  • [湯シャンにおすすめの獣毛ブラシ]メイソンピアソンは、自分に合った髪質から選ぶ!詳しい記事はこちら