【2017年冬春】湯シャン中フケ対策の失敗。大後悔[湯シャン3年目]


2017年 冬春1月〜4月 湯シャン3年目 経過記録まとめ

 

2014年4月に開始した湯シャン。早いもので、2017年4月で3年になる。最初は、2日に1回にシャンプーにしよう!から始めたんだから、続ければ変わるものだなぁとしみじみ思う。

  • 2014年4月、今日から湯シャンを始めると記録した日の記事はこちら

頭皮は断然健やかになったし、髪のボリュームも増えた。でも、まだまだ湯シャンで悩むことも多く、いま直面しているのは『湯シャンのフケ問題』である。

前回の湯シャン経過記録は、2016年秋から冬にかけての頭皮・頭髪の状況をまとめたもの(こちら)。今回の記事は、年が明けたばかり2017年冬から春の湯シャン記録だ。

 

湯シャン3年目にして、フケに悩む。原因と対策を考える。

2016年秋〜冬に、予想外にフケに悩まされた。湯シャンでフケが出てきた原因をこんな風に考えた。

湯シャン中の秋冬にフケが多くなった原因を考えてみた

  • 冬だから、新陳代謝が落ちているのか。
  • 夏に比べ汗をかきにくいために、洗いが足りないのか。
  • 冬の乾燥のせいなのか。

原因の推測はあながち間違ってはいないのだけど、どれがフケの原因になっているのかで、対処方法は全然違う。これが、フケの厄介なところ。

フケの原因については奥が深いため、湯シャン経過記録の中で詳しく書くと話が脱線する恐れがあるので、簡単にまとめるとこんな感じ。


▼フケの原因が皮脂過剰か皮脂不足かで、対策は変わる

【 ( 1 ) 余分な皮脂が原因の場合の対処】

新陳代謝の低下や洗いが足りないことがフケの原因なら、余分な皮脂を取り除くために入念な湯シャンやシャンプーを取り入れることをすべきだ。

【 ( 2 ) 皮脂の取りすぎが原因の場合の対処】

一方で、季節的な乾燥のせいだとしたら、これ以上皮脂を取りすぎるとフケがもっともっと増えることになる。湯シャン時の水温に気をつけたり、頭皮への刺激を緩和しないといけない。


そこで、2016年秋冬から続くフケは、湯シャンをしていることからも、どちらかといえば ( 1 ) 余分な皮脂が原因ではないかと考えた。

冷静に、フケの原因と対策を考え、辛抱強く湯シャンと適度なシャンプーを実行したら、結果は異なったかもしれないのだが、ここで、誤った判断をしてしまった。

フケから解放されたくて、旅行先で慣れないシャンプーを使った
家族に内緒で湯シャンをしていることもあるが、家族からフケを指摘されると本当に落ち込む。2017年1月、旅行先のことでの出来事だったが、『シャンプーするでしょ?』と家族に念をおされた。

家族も私のフケが気になったのか、臭いが気になったのか、人から指摘されるのって耐えられないもの。家族が指摘してくれるなら、まだいいのかも・・・そして、不快と思わせているなら家族だって、もっと耐えられないはず。

『旅館備え付けのシャンプーで洗っちゃえ!』と目の前のフケ問題から、早く解放されたかった。

フケの不快感から解放されたくて、シャンプーをした

シャンプー

そして、これが、こんなに大後悔を生むことになるとは・・・

 

『シャンプーの失敗とフケ』湯シャン3年目の経過記録 2017年1月〜3月

 

『旅館備え付けのシャンプーで洗う』という、感情に任せた選択による、失敗があり、更にフケに悩むことになった。

合わないシャンプーを使った後に襲ってきたのは、頭皮のかゆみと細かいフケだった。旅館に備え付けのシャンプーなんて、洗浄力が強くて、酷いもんだって、わかっていたのに・・・。

湯シャン3年目の大失敗。

▼頭皮の状態【2017年4月8日 湯シャン記録】

2017年1月に合わないシャンプーを使ったことから、より一層フケに悩むことになってしまった。そして、それは、2017年4月まで、4ヶ月も続いた。

白髪も目立っていて、フケもありひどい状態の頭髪。写真の掲載もためらわれる程だが、悲しいかなこれが現状。湯シャン3年目の失敗記録として、残しておきたいと思う。

湯シャンでフケに悩んだ4ヶ月

湯シャン3年目2017年4月8日

この記事を更新している、2017年6月現在、フケは多少落ち着いてきた。痒みも、1月-4月に感じた酷い、病的なものは感じない。


▼湯シャンでフケに悩んだ4ヶ月の対策

では、どうやって、2017年1月-4月の間、頭皮ケアをしてきたか、といえば、元の通り湯シャン生活した。

しかし、湯シャンは、これまで以上時間をかけて念入りにするようにした。そして、クエン酸リンスを毎回行った。

シャンプーは、これまで通り週1回。慣れているものしか使わない。痒みがストレスになるので、痒みがひどい時は、1週間弱でシャンプーをすることもあった。

そして、季節も変わり、乾燥が和らいできた頃に落ち着きを取り戻したのだ。


▼週1回だとしてもシャンプー選び、非常に大事

この失敗から、合わないシャンプー、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮をダメにする。フケの原因になるということを、もう一度強く認識することになった。当たり前すぎることを、忘れていたというか、甘くみていた。

今後も、湯シャンをしていく中で定期的にシャンプーを使っていくにしても、何を使うか非常に大事だと思い直すきっかけにもなった。1回くらい・・・の1回でこんなにも痛い目を見るのだ。

頭皮のフケの悩み、とても辛いんだけど、どうか、これを見ている方は同じ過ちを犯さないでほしい!そんな気持ちだ。

湯シャンをはじめた時から、
現在までの湯シャン全記録一覧はこちら

 


使ってます。湯シャンを快適に過ごすために。ベタつき・ニオイ防止アイテム
  • 【使用中】週1回使用。無添加石けんシャンプーはこちら
  • 【使用中】毎日使用。獣毛ヘアブラシはこちら
  • 【使用中】髪の指通りをなめらかにする、クエン酸リンスはこちら
  • 【使用中】手作りのクエン酸リンスに、粉末状のクエン酸はこちら

湯シャンに関する基本の記事
  • [ How to! ]脱シャンプーへ!湯シャン基本のやり方はこちら
  • [快適に過ごす為に]湯シャンの不快な症状は4アイテムで乗り越える!記事はこちら
  • [本人も実践]宇津木式湯シャンを提唱する美容外科医の宇津木氏の、脱シャンプーのきっかけとは。詳しい記事はこちら
  • [湯シャンにおすすめの獣毛ブラシ]メイソンピアソンは、自分に合った髪質から選ぶ!詳しい記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です